Archipelago

58号を北へ:その1

Untitled

7月の猛烈な暑さに負けそうでしたが、せがれとミニベロに跨がり名護まで出かけてきた。
今回Oribike M8というフォールディングバイクが家族用として我が家に届き、そのテストライドも兼ねてだけどやってみたかったことが「帰りは高速バスで&折りたたんで」という、ミニベロの真骨頂とも言える
パターン。
実際やってどうだろうということを確認するべく、名護でそばとかき氷を食べて高速バスで帰ってきた。

まっ、そんなささやかな話です。





ミニベロ.001
5時に家を出発し、北谷町、読谷村をぬけて恩納村の道の駅周辺に到着するとすでに出発して約2時間30分。
6年になる息子も、最近は受験対策で全然運動不足と暑さに負けて途中からダラダラと漕ぎ進んじゃって、休憩を何度か入れて道の駅へ。ミニベロのゆったり加減で急ぐこともないので、ちょくちょく休憩をはさみながら第二目標の恩納共同売店までひたすら漕ぎます。

ミニベロ.002
他のミニベロを見るとかなり欲しくなるので、興味を持たないようにしているけど先日新城に「MINIVELO STATION」というミニベロ専門店がオープンして、その店イチオシのOri bikeを乗ると中々の乗り味。BD-1よりも剛性感はあるし値段も良しということで、多少無理してですが家族用の1台としてやって来ました。(なので、最近取り組んでいる個人のギア縮小とはちょっと矛盾しますが・・・)

ミニベロ.003
暑さがこの時期はしんどい!!涼しければもっと楽に来れただろうにと思いながら、万座地区に到着。この辺りは古い集落が残っているので、路地散策をしながら先へ先へ進む。

Untitled

Untitled
恩納村熱田(あった)方面へ漕ぎ進むと、二期作のコメの収穫が始まっており自転車を止めて収穫を見学。都会では見ることが出来ない収穫風景は、じっと見つめるせがれを見て来てよかったと手応えを感じる。

Untitled
7月の猛暑で素晴らしいことは、光の強い分海がホント綺麗。一応PLフィルターをかましていますがそれでも肉眼で見る海の美しさは、沖縄に住んでほんとよかったと思う瞬間だね。

前半はこれにて終了。後半はまた次回。

by Ryukyuarchipelago | 2014-07-12 08:13 | 漕ぐ話
<< 58号を北へ;その2 持ち物整理を開始した。 >>