人気ブログランキング |

Archipelago

アジアスケッチ。

image
難しいテーマを伝えようと思えば思うほど、墓穴に入りそうで中々書評ブログとしては投稿したくないですが、最近高山さんの「アジアスケッチ」という本を購入。以前からずっと高山さんの本を読んでみたかっただけに、期待を裏切らず素晴らしい本だった。

アジアスケッチは高山さんが歩きで医学部在学中にアジア各国を回り、そこで見るアジアの医療現場やホスピスなど、各地域に根付く宗教観や文化などを絡めて生活の現状を伝えるルポタージュである。
高山さんは、沖縄県立中部病院でも活躍されていたが現在は厚生労働省の医政局で励まれているそうで、
定期的に沖縄に来て講演なども行っているので、次回高山さんの講演を是非聴いてみたい。
そんな思いにさせるほど、一発でこの本で高山さんのファンになってしまった。

作品は99年に回ったアジアの記録であるが、その過去と照らしあわせて現在の終末医療の在り方や保健活動を見てゆくと、現代の横たわる社会問題というものがより鮮明にフォーカスされてくるのではと思う。

凄く素晴らしい本。今年の僕のおすすめの一冊です。

by ryukyuarchipelago | 2014-11-07 08:00 | 独り言
<< POPEYEを読んで久し振りに... 読谷周辺をぶらぶら〜 >>